記事更新の情報はライン@から

スポーツ栄養士によるスポーツ食育

スポーツ栄養士のよる特典付きの無料メルマガ

Vos-japan(ヴォスジャパン)朝ミーティングで学んだ仕事のコツ

 

朝にダラダラしまう人はまず、こちらの記事をお読みください。

Vos-japanの朝ミーティングで朝ダラ解消

 

 

meeting1

Vos-japanの朝ミーティングで学んだことを仕事に活かしていく第1段

議事録的に残していきます。仕事に活用したい方は是非ともご覧ください。

6/28(木)収入は栄養と一緒

月収20万円以下の収入の場合、収入になる仕事をしないといけない。収入ベースで仕事をしないで好きなことだけの仕事をしていると…

 

自分の好きなことだけの仕事をするのと輝いているとは違う。好きなことだけするのは、栄養の観点で言うと偏食のようなもの。

 

栄養価が高いものは、収入の高い仕事のようなイメージ。体にいいものは苦かったりもする。それも食べていかないといけない。どんな仕事(食事)を出されたとしても全部「いただきます。」の感覚でできているか?

 

自分はどんな形で仕事をしていますか? 栄養素で例えるとどんな仕事なのか?

偏った仕事の仕方になっていないか?

 

食事に例えると自分の仕事はどうなのか? バランスのとれた栄養価をとれているのか?

 

リスケ(リスケジュール)の効果

リスケジュールとは

リスケジュールとは?
リスケは略語で、正しくは「リスケジュール(reschedule)」。ビジネスで使うリスケは、「スケジュールを組み直す」「計画を変更する」という意味で使われますが、金融機関への返済が苦しくなってきたときに、返済可能な計画に変更することを指す言葉でもあります。
 

 

本来なら、急遽予定がキャンセルになった時などに使うが、今回のリスケは少し違った観点です。

 

一度自分のスケジュールを見直し、再構築してみる。

 

最初に立てた分とどう違うのか。自分の一人のスケジュールではなく、他の人のスケジュールを見られる。この環境を大事にして自分の仕事に生かしていく。

 

Vos独自のリスケは大成八根を意識したスケジュールを組んでみる。

今回は「素直」

 

感想

仕事と栄養のイメージが面白いですね! 確かに言われてみると当てはまる部分があります。ライスワーク(お金になる仕事)、ライフワーク(生きがいとしての仕事)このような観点とも似ていますが、もっと掘り下げて独自の概念を作り出してみようかと感じました。

 

6/27(水)マナーとバイト意識

大成八根は実践しなければ意味がない。

 

感謝と懺悔

目上の人に対する対応。(年齢、社会的)

自分で調べない状態でなんでも聞きたがらないようする。フリーランスでやっていくなら学生感覚のままでいくのではダメ。なんでも教えてくれる人はいない。

 

自分で調べて、良くわからないところをしっかり聞こう。

「お前の親ちゃうし、教師でもない。」

 

効率だけを考えれば先人に聞いた方が早いけど、タイミングやマナーが悪いと相手を不快にさせてしまうこともあります。

最近起きたことでこの議題に近いことがあったんでこちらの記事も見てください。

若者が起業で失敗する理由

 

アポイントメントをとって行こう

社会全体として月末はアポイントの件数が増える。経営者としての数字意識をしっかりもつ。株式会社『自分』を倒産させてしまっては意味がない。

精度、感度、角度を上げて、プロとして動いて行こう。

 

6/26(火)ビジネスのオモテ(強み)とウラ(弱み)

ビジネスにおいての階層

スポーツクラブの業態:会員種別を分ける。

ライトユーザー、ノーマルユーザー、ヘビーユーザー

スポーツクラブは基本的に幽霊会員ありきで進めている。大型スポーツクラブで会員全てがきたらパンクしてしまう。

 

自分の強みと弱点理解し、結果を残す

結果がでない人は完璧型?

苦手な部分から逃げてしまう?

 

意外と気づかないけど、完璧にやってしまう人が多い。完璧を求めるのもいいが、とにかくやること

 

本業は未来を作る仕事のこと

経営者としての考えになるには全てを満遍なく行う。

今、飯を食うための仕事を本業とするのか?(ライスワーク)

苦手なことでも未来を作る仕事にも目を向けないと経営者とは言えない。

 

感想

最近頭が硬くなってしまっている感があるんで、頭を柔らかくすることを考えよう! 一回思いっきり仕事から離れて遊んでみるのもありか?(2〜3日)

 

6/25(月)人のスケジュールに感性を持つ

スケジュールを共有することがフリーランスの人間としてはほとんどない。大抵が個人のメモ帳に記載しているだけ。他の人に見せることはあまりない。

 

このことをどう仕事に活用する?

 

人と仕事していることを忘れない。

パソコンで仕事をしているとしても、画面の先には人がいる。

スケジュールを共有する時もその人のことに興味を持ち、見ていく。スケジュールで仕事量を判断するんじゃなくて、他の人のスケジューリングの仕方やどんな風に仕事をしているのか、興味を持って見ていく。

 

人に想いを伝える観点からみると物静かな人はなぜ多く語らない??

  • 想いの感度が強いから?
  • 一点集中して思いを伝えるから多く語らなくても大丈夫?
  • 一歩踏み出す勇気が出てこない?

いずれにせよ、想いがないと人の心は動かない。

 

物静かな人に対して想いを引き出すには?

ぼくなりの考え方としてはファシリテーション(多数 対1の場合)ですね。

「はい、いきなり喋って!」では、かなり慣れた人でないと厳しい。アイスブレイクの連続で想いを引き出していく必要があります。その中の気づき見出す。ファシリテーションについてはこちらの記事を参考にどうぞ。

 

米澤流「想いの伝え方」

想いをコマーシャルする。想いが高ぶった時にSNS、メッセンジャーを通して伝えている。だからこそ、想いが伝染している。

 

6月23日(土)イメージで人は動く

仮想現実パーティー

VRを使い様々なゲームを行う。波動、バーチャル枕投げなど

 

体験できるものは体験した方が良い。体験に学ぶ学びはない。

 

イメージが人の行動を左右する。経験者の意見と、未経験者の意見は全く違う。

 

例、ごはんを作るにしてもAさん(料理人)が作るのとBさん(経営者)が作るのではイメージが違う。どっちの方が美味しそうなご飯を作りそう?

 

いろんな仕事がある中で、どれか1つでもやっていないとサボったことになる。5分でも良いんでやることで仕事は進んでいる。

 

コミュニケーションの上中下

仕事に感して作業以外は人とのコミュニケーション

 

例、花束をもらった時のリアクション

:感想を聞かれてから答える。

:ありがとう

:これ好きな色やん、ありがとう(相手に響く言葉を一言添える)

 

nambu

 

ぼくは1日の行動計画作るときにこんなの使ってます。(自作)欲しい人いますか??ポイントは1日終わった時の自分をイメージしてポジティブな言葉を書く!

神田昌典さんのフューチャーマッピングを参考にしています。

plan

PS

Vos-japanでは20代前半のスポーツビジネス起業家がこのような活動を進めています。今はまだ歩き出したばかりですが、若い人たちの活動に関西のトップトレーナー、関東のトップトレーナー、トップ栄養士、様々な方が気にかけてくれています。

 

Vosでの朝ミーティングは一般公開ではありませんが(2018年6月現在)、スポーツビジネスに興味のある方にたいしては、他にもためになる活動があります。(スポーツ栄養、野球、ランニング、水泳など)あなたがフリーランスとして成長を望むのであれば今すぐお問い合わせください。

 

お名前 (必須)

メールアドレス ※原則PCメールでお願いします。(必須)

メッセージ(必須)

 

Copyright© スポーツ栄養士南部真也公式サイト , 2018 All Rights Reserved.