2017/09/02

カラダ日和のビジネスモデル

 

スポンサー広告

ブログの運営上、スポンサー広告を掲載させていだきます。
この記事を書いている人 - WRITER -

地方の徳島から栄養士の新しい働き方を作るために講演やチームサポート、個別サポートを行なっています。サポートチームは全国大会でベスト8。メディアへの露出(新聞掲載10回以上)、講演(述べ1,000人以上に食の大切さを伝える)が得意です。【夢はスポーツ栄養士として四国を制覇!】

詳しいプロフィールはこちら

総務省のICT健康モデルの一つとして2013年から始められているカラダ日和を検証した。

 

健康への取り組みを続けるにはご褒美が必要

このビジネスモデルを見ると、ここが一番のポイントであると考えられる。

 

そして、カラダ日和はサービスの一環なので基本的には保険購入へ進む流れになっている。

ガンや健康の情報を発信しているので保険購入に進む人が多くなると考えられる。

 

また定期的な女性の健康のためのセミナーも行っている。そして、専門的なアドバイスを受けるには有料の会員登録が必要になる。

 

会員登録していると検診の予約も簡単にできるようなのでそこも価値提案の一つとして考えられる。

 

”ともにQOLの向上”

 

 

【 LINE@友達にお得情報、クーポン配信します!】

友だち追加

   
この記事を書いている人 - WRITER -

地方の徳島から栄養士の新しい働き方を作るために講演やチームサポート、個別サポートを行なっています。サポートチームは全国大会でベスト8。メディアへの露出(新聞掲載10回以上)、講演(述べ1,000人以上に食の大切さを伝える)が得意です。【夢はスポーツ栄養士として四国を制覇!】

詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク

Copyright© スポーツ栄養士南部真也公式サイト , 2015 All Rights Reserved.