中学バスケ部の食サポート。総体前に絶対必要な1つのポイント

記事が気に入ったらシェアをお願いします。

soutai2

食べ方とシセイの栄養士南部真也です。初めての方はこちらをご覧ください

今回はスポーツ栄養士としてサポートしている石井中学校の生徒たちに中学総体前に最後の話をしてきました。

スポンサーリンク

栄養士としての総体前にできること

食に対するテクニックなどを1年かけて伝えて来ました。最後に伝えることは最初に立ち返り、食に対する意識の話。

ここまで来たら、気持ちを整えて最高の状態で試合を迎えてもらうのみです。

soutai

 ↑ チーム全体で気合を入れる儀式(笑)

バスケに対する気持ちを食事からも考えてもらうことを再確認してもらいました。

素直に話を聞いてくれた生徒たち、家族ぐるみで協力してくださった保護者の皆様、熱い想いで生徒たちにも関わる先生。そして、石井中バスケ部に関わるご縁を繋いでくださった坂東さん。

本当に感謝です。微力ながら関わらせてもらい、有り難うございます。

練習試合で見る他校との差

一言で言うと体つきが違います。体格で言うと中学生らしくまだまだ細いと感じるところもあります。

しかし、他校の生徒たちと比較すると、筋肉の張り具合に差があるように感じます。バスケはタンクトップなんで二の腕が露わになります。

そこで筋肉の発達具合が分かるんです。そうすると石井中学の生徒たちの方が芯が詰まっているのが見て取れます。

監督の先生から聞いた嬉しい話

他校の先生から「身体のことで何かやっとるん??どうしようか教えてくれん??」と質問されたようです。

そこで、スポーツ栄養を取り入れていることを伝えてくれました。

他のチームからしても生徒たちの重量アップ、筋肉量アップなどの差が分かるくらい石井中学の生徒たちは成長してくれているんです。

見た目の変化もそうですが、キャップテンからは「昨日は練習試合でかなり疲れたけど、ちゃんとご飯を食べたら次の日は疲れを残さんと普通に学校へ行けた!」と重ねて嬉しい話を聞きました。

これも素直に話を聞いて実践してくれるからなんでしょう。栄養士冥利につきることです。

食のことで伝えるのは本質が先

中学生、親御さんに伝えているのは日常の食事でどこを気をつけるかのポイントはもちろんのこと、それ以上に食に対するシセイを整えることに力を入れています。

プロテインやサプリメントを日常的に摂ることを勧めているわけではありません。そういったもので目先の栄養素を補充するのは気持ちを整理をした上でないと120%の効果を実現できないと考えるからです。

教科書ベースではない暑苦しい話になります。

全ては成長期の子どもたちに大人になってから食に関する後悔をして欲しくないからです。そんな想いで食事の大切さを伝えています。

最後までお読みいただきありがとうございました。食に対して伝えることとして参考になれば幸いです。

講演や相談に関してのお問い合わせはフォームからお願いします。

■お問い合わせはこちら■

The following two tabs change content below.
南部 真也
代表QOL+
食べ方とシセイを整える管理栄養士です。スポーツ栄養を元に講演やパーソナルサポートをしています。詳しくはこちら