記事更新の情報はライン@から

たのしいスポーツ栄養士によるスポーツ食育

【高校球児の食トレ】がっつり食べさせてるのに体重増えない!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
地方の徳島から栄養士の新しい働き方を作るために講演やチームサポート、個別サポートを行なっています。サポートチームは全国大会でベスト8。メディアへの露出(新聞掲載10回以上)、講演(述べ1,000人以上の”スポーツを頑張るけど食事量が足りなく、結果が結びついていなかった選手”に食の大切さを伝え、練習効率を高めた)が得意です。【夢はスポーツ栄養士として四国を制覇!】
詳しいプロフィールはこちら

スポーツ栄養に特化したしつもん箱「食べカツ」です。今回で23回目となりました。メルマガ読者さまからの質問を掲載しています。

今回は高校球児のお母さんから質問を受けました!体重目標をクリアするためにかなり頑張っているようですが?

果たして、どんな悩みでしょうか?

高校球児の息子にがっつり食べさせてるけど体重が増えません!

mother

高校球児の母です。息子の体重5キロ増加を目標にガッツリ食べさせてますが、なかなか目標値に達せません…いい方法がありましたらご教示欲しいです。

高校球児の母

 master 

南部です。ご質問ありがとうございます!高校球児は頑張ってもなかなか体重が増えない子が多いです。

その中でも家族ぐるみで食事に取り組んでいるんだと思います。それでもなかなか体重が増えない…

質問者の方だけじゃなく、この悩みの方は多いでしょう。

体重が増えれば、野球だと打球の勢いや飛距離に影響するしますね。単純に体重が重いほど重心が安定して遠くに飛ばせるようです。

少し前に高校野球で一斉を風靡した清宮 幸太郎くん当時の彼の体格を見ると高校生の体じゃないですね!

また、ピッチャーなら球速に影響ということ言われています。ここは単純な体重だけではないでしょうが球速アップの要素に体重が影響しているようです。

大谷翔平選手もダルビッシュ有選手も体重をアップさせてメジャーに挑戦してきました。

食トレのしつもん箱 食べカツとしての回答

さて、前置きが少し長くなりましが質問の情報だけでは正確なことを回答しづらいので、こちらで仮定します.

rice

  • 高校2年生 男子
  • 身長を170cm
  • 体重を65kg
  • 体脂肪率は15%

食トレを意識したのは高校から。1年生のは時は60kgで5kgアップに成功

これに目標5kgアップで体脂肪率15%のまま体重70kgなら結構いい体格ですね!

さて、この状況だとするとどうすれば良いのか??

本気で結果を出したいなら今食べている量を知ること!

結論から言います。「まずは現状を知ってください。」

これにつきますね!

がっつり食べさていることは熱意から見るとわかります!しかし、どれだけの量なのかはがっつりだけでは分かりませんので悪しからず!

メルマガ登録の特典として食事チェックシートもプレゼントしています。
(ごはん量だけの記入でOKです)

気になった方は是非とも無料でチェックシートを受け取ってください。

是非活用して、今の現状でどれだけ食べているのかを確認してみてください!

ちなみに上記の例  170cmで70kgを目指すのであればごはん量だけでも1,300gは超えていないと体重アップは厳しいかもしれません!

実際に記録することでわかることはめっちゃ多い

実際に記録をしてみると「どのタイミングで食べれているのか?」「食べれていないのかが?」

なんかが分かります。

感覚でやるのも良いですが、一度はしっかりと紙に記録してみましょう!

そこから自ずと答えが見えてきます!以上回答でした!

体重アップの目標設定まとめ

 master 

食べている気でいても「実際には自分が思ったほど食べていない」というアスリートは多いです。

参考記事:食事調査の結果、驚きの事実が分かりました!

今回は情報量が少なかったためかなり選手を仮定しています。

そのため、少し一般的なことを伝えていますが、参考にして是非とも食事記録から始めてみてはいかがでしょうか?

面倒だと思うかもしれませんが、メルマガ特典のチェックシートは出来るだけ手間がかからないようにしています。是非ご活用ください。


このように食べカツの無料質問ではスポーツ栄養士を目指す人たちからの質問へも回答しています。お気軽にどうぞ!

今までの食べカツしつもん箱はこちらです。スポーツ栄養に関する多数の質問が寄せられています。

この記事を書いている人 - WRITER -
地方の徳島から栄養士の新しい働き方を作るために講演やチームサポート、個別サポートを行なっています。サポートチームは全国大会でベスト8。メディアへの露出(新聞掲載10回以上)、講演(述べ1,000人以上の”スポーツを頑張るけど食事量が足りなく、結果が結びついていなかった選手”に食の大切さを伝え、練習効率を高めた)が得意です。【夢はスポーツ栄養士として四国を制覇!】
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク

- Comments -

Copyright© スポーツ栄養士南部真也公式サイト , 2019 All Rights Reserved.