徳島県の栄養士によるスポーツ食育

スポンサーリンク
ブログの運営上、スポンサー広告を掲載させていだきます。

今の会社を辞める前に読むべき新しい働き方

 
  2017/11/30
 
会社を辞める
スポンサー広告
ブログの運営上、スポンサー広告を掲載させていだきます。
この記事を書いている人 - WRITER -

地方の徳島から栄養士の新しい働き方を作るために講演やチームサポート、個別サポートを行なっています。サポートチームは全国大会でベスト8。メディアへの露出(新聞掲載10回以上)、講演(述べ1,000人以上の”スポーツを頑張るけど食事量が足りなく、結果が結びついていなかった選手”に食の大切さを伝え、練習効率を高めた)が得意です。【夢はスポーツ栄養士として四国を制覇!】

詳しいプロフィールはこちら

会社に行きたくない、辞めたい・・・

新卒で会社に就職した人だけでなく、若手から中堅、ベテラン

いろんな人たちに共通するかもしれない話題ですね。

 

飲み会では会社のグチ、取引先には頭を下げて平謝り、上司に怒られて意気消沈。今やっている仕事、楽しいですか?

一念発起して転職活動をしても結局同じようなことの繰り返し・・・

マイナスなことを並べましたが、安心してください。

 

近い未来に会社にとらわれずに働くことが当たり前の世の中になりそうです。

自分の好きな時間に好きなだけ仕事をする世の中に日本は変わろうとしています。

ノマドワーカーという言葉が流行ったりしましたが、実際に個人でもちゃんと自分のスキルを理解してしかるべきお客さんに届けると、それだけでも食べていける世の中に変わりつつあります。

こちらの記事でも少し触れています。神田昌典氏の講演を聞いて

 

クラウドソーシングの出現

ウェブ上で仕事のやりとりができるシステムです。個人対個人で仕事の依頼や企業の外注を個人で受けたりすることです。

人づてのリアルな紹介で仕事を依頼したりしたりされたりはあったと思います。しかし、今の世の中ネットを通して世界中の人と仕事のやりとりができます。

そして、今までは企業が仕事を依頼するのは企業がほとんどでしたが、今となって企業が一般の人に頼むということが起きています。

そうすることで企業はコスト面でかなり有利になります。仕事をするのが個人か企業としても結局はやることは一緒の作業ですから、クオリティにそこまでの差は発生しません。(経験者同士なら)

となると、間に余計な段階が入らないので個人に直接頼んだ方が早いし、安いとなるのです。

仕事には専門的なデザイン系のことや誰でもできるものもあります。
他にも商品のキャッチフレーズを考えて欲しい。

  • ◯◯について教えて欲しい。
  • データ入力をして欲しい。
  • 経理作業をして欲しい。
  • どこどこの写真を撮ってきて欲しい

など色んな仕事がWEB上で展開されています。

もちろん特別な能力がある方が稼ぎやすいですが、まずは初めに誰でもができることからをお試しで始めてみるといいかもしれません。

会社だけの給料で満足できない人には特にオススメです。
(作業時間は多少取られます)

有名なところで

なんかがあります。インターネット環境さえあれば仕事のやりとりができるので興味のある方は覗いてみてください。

今はまだできてから間もない事業体ですが、今の世の中、年功序列や終身雇用が保証されず、会社自体の存続もどうなるか分からない状態です。

 

ある日突然訪れる不測の自体

最悪なシナリオに備えるためにはどうしますか?

  1. 今までのように不満やグチだらけの会社で働き続ける
  2. 未来を予測してスキルを磨いたり新しいことを初めてみる

自分にとって無理の無い未来を選んでください。副業も今回紹介したものだけが全てではありません。
興味が出た人はいろいろ探してください。

とりあえず今の生活に何かしらの不満があるのなら少し違った考えを持つことをおすすめします。今のあなたは今までの考えで行動してきた積み重ねです。

少しでも現状を変えたいのなら小さなことから新しいことを始めてください。

上記のクラウドソーシングは発注する側にもなれます。ぼくは自分の活動のチラシの制作を頼んでいます。簡単に頼めるので、自分のやっていることを広めるいいキッカケです。

 

誰かできる方いらっしゃいましたら作ってくださいね。
こちらから

“ともにQOLの向上”

副業ダブルワークガイドブック2016年度版

新品価格
¥1,512から
(2015/8/4 22:23時点)

 

この記事を書いている人 - WRITER -

地方の徳島から栄養士の新しい働き方を作るために講演やチームサポート、個別サポートを行なっています。サポートチームは全国大会でベスト8。メディアへの露出(新聞掲載10回以上)、講演(述べ1,000人以上の”スポーツを頑張るけど食事量が足りなく、結果が結びついていなかった選手”に食の大切さを伝え、練習効率を高めた)が得意です。【夢はスポーツ栄養士として四国を制覇!】

詳しいプロフィールはこちら

Copyright© スポーツ栄養士南部真也公式サイト , 2015 All Rights Reserved.