2017/02/03

食の安全のために知っておきたい表示の秘密と姿勢

 
食品表示

スポンサー広告

ブログの運営上、スポンサー広告を掲載させていだきます。
この記事を書いている人 - WRITER -
地方の徳島から新しい働き方を作るために講演やチームサポート、個別サポートを行なっています。夢はスポーツ栄養士として四国を制覇!新しいことへの挑戦意欲が半端なく 「人を笑わせたり、夢を語り合うのが大好き」と言った、バクみたいな人間です。一度交通事故で首の骨折ってますが、なんとか楽しく生きています。頸椎骨折後にフルマラソン3回完走、ハーフマラソン2回完走。
詳しいプロフィールはこちら

食品表示

2016年、年の初めから食の安全性が叫ばれるニュースが多く報道されています。
食の安全性が心配されます。

この食品は大丈夫だろうか?
今日食べるものは安全なのか?
子供の口に入っていいものなのか?

食中毒や食品偽装、日本の食は安全と思われていたのが
ひっくり返るような現状になっているのかものしれません。
このままでは自分の、家族の、健康を守れなくなってしまいます。

食を選ぶ力をつけましょう!!

今、話題になっている食品の消費期限と賞味期限の違いをお伝えします。
これを知っておくだけで、食品被害から自分や大切な人を守ることができるとしたら??

さっそく違いを探っていきます。

 

消費期限って?

  • お弁当や洋生菓子など長くは保存がきかない食品に表示してあります。
  • 開封していない状態で、表示されている保存方法に従って保存したときに、食べても安全な期限を示しています。消費期限内に食べるようにしましょう。

出典:農林水産省HP   http://www.maff.go.jp/j/use/link.html

 

賞味期限って?

  • ハム・ソーセージやスナック菓子、缶詰など冷蔵や常温で保存がきく食品に表示してあります。
  • 開封していない状態で、表示されている保存方法に従って保存したときに、おいしく食べられる期限を示しています。
    賞味期限内においしく食べましょう。ただし、賞味期限を過ぎても食べられなくなるとは限りません。

出典:農林水産省HP   http://www.maff.go.jp/j/use/link.html

簡単にまとめると

消費期限:期限切れは危険(期限が短い)
     
期限が切れたものは避けましょう。
賞味期限:期限が切れるとおいしく無い(期限は長い)
     期限が切れたものの判断は匂いや色を見てください。

まとめ

基本的に開封前の状況での期限です。
消費期限、賞味期限の違いにかかわらず開けたものは早めに食べましょう。

 

またこれらの表示を見ることはもちろんのこと
五感(主に味覚、嗅覚)を敏感に指定おくことも重要です。

 

戦国時代の武将たちは毒を盛られたとしても瞬時に匂い、味の変化を感じ取って
すぐに吐き出すことで自分の身を守っていました。

 

現代人はそれをしなくていいような環境になったからか、
感覚が鈍くなってしまっているのかもしれません。

 

感覚を鍛えるには五感を意識することはもちろん、
姿勢を整えることも重要になります。
食品の表示に惑わされないように自分の感覚を磨くと生涯健康です!

おまけ

Q1 卵の賞味期限はどれくらいですか?
A:時期により異なりますが、卵の賞味期限は安心して「生食」できる期限を表示しています。サルモネラ菌の増殖が起こらない期間は卵の保存温度によって決まります。英国のハンフリー博士の研究に基づいて算出され、家庭で冷蔵保存する7日間を加えたものです。夏期(7~9月)が産卵後16日以内、春秋期(4~6月、10~11月)が産卵後25日以内、冬季(12~3月)が産卵後57日以内とされています。実状はパック事業者と量販店、バイヤーの話し合いで決めておりパック後2週間(14日)程度を年間を通して賞味期限としている所が多いようです。日卵協ホームページ「表示とタマゴの安心」を参考にして下さい。

出典:日卵協ホームページ http://www.nichirankyo.or.jp/qa/hinshitsu.htm#tag01

”ともにQOLの向上”

 

この記事を書いている人 - WRITER -
地方の徳島から新しい働き方を作るために講演やチームサポート、個別サポートを行なっています。夢はスポーツ栄養士として四国を制覇!新しいことへの挑戦意欲が半端なく 「人を笑わせたり、夢を語り合うのが大好き」と言った、バクみたいな人間です。一度交通事故で首の骨折ってますが、なんとか楽しく生きています。頸椎骨折後にフルマラソン3回完走、ハーフマラソン2回完走。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク

Copyright© 徳島の栄養士がスポーツレベルを上げるブログ@QOL+ , 2016 All Rights Reserved.