2017/02/09

神田昌典さんから学ぶ成功の哲学を管理栄養士が実践してみた!

 
kangamasanori

スポンサー広告

ブログの運営上、スポンサー広告を掲載させていだきます。
この記事を書いている人 - WRITER -
地方の徳島から新しい働き方を作るために講演やチームサポート、個別サポートを行なっています。夢はスポーツ栄養士として四国を制覇!新しいことへの挑戦意欲が半端なく 「人を笑わせたり、夢を語り合うのが大好き」と言った、バクみたいな人間です。一度交通事故で首の骨折ってますが、なんとか楽しく生きています。頸椎骨折後にフルマラソン3回完走、ハーフマラソン2回完走。
詳しいプロフィールはこちら

皆さま、こんにちは。いつもありがとうございます。今回はぼくが起業に踏み出し、徳島県内ではありますがメディアに追われるようになったきっかけを作ってくれた人を紹介します。

神田昌典氏を知っている、方知らない方、どちらの方にも是非、氏のお話を聞いていただきたいと感じています。以前にも講演会の議事録的に記事を書いています。

 

神田昌典さんとの出会い

 

kangamasanori

 

※画像引用:神田昌典facebookページ

 

というのも、ぼくは起業後に神田さんの考え方を参考に活動を続けたました。その結果、2016年にはおそらく徳島県の27歳男性の中では一番メディアに取り上げていただいたんじゃないのかと感じています。

6月から12月の期間で新聞・ラジオ・テレビなど 合計で12回取り上げられています。

news-paper

徳島新聞様、日本経済新聞様、朝日新聞様、毎日新聞様、テレビ徳島様、FM徳島様

起業した当時は26歳で右も左も分かりませんでした

やたらめったらセミナーに参加したり、いろんな人に会うだけで前に進んでいると勘違いしていました。挙げ句の果てに誰に対してかも分からない、専門用語を並べるだけの自己満足ブログを書いて見たり…

今思えば、自分中心でしか物事を考えていませんでした。それこそ経営・商売を理解していらっしゃる諸先輩がたに笑われてしまうような恥ずかしいことばかりしていました。

「なんのためにお前はそんなことやってんの?」と。。。

そんな中、神田昌典さんのエモーショナルマーケティング、いわゆる感情に訴えかける言葉を使うことによって上記の結果をもたらすことができるようになりました。

そして、自身の活動として講演なども行なっています。その中でも人々の共感を得られるような言葉がけができるようになってきました。

27歳の青二才と有れども前を向いて進ませていただいているのはご支援いただける皆様があってのものです。

そんな皆様に少しでもいい気づきを得てもらえればと感じてこの文章を書かせていただいています。

 

神田さんが発信していることについてはこんな人に特にお勧めです。

・これからの未来にどういう風に動けばいいのかが分からない
・新しい事業をこのまま進めていいのかと不安がある
・売上が上がらず、お客さんの反応があまり良くない
・世の中の動きがいまいち分からない
・世間の常識が変わってきたと感じている
・お客さんに今まで以上にいいものを提供したい
・今後はどんな人と組んでいけばいいのか知りたい

 

上記のポイントが気になった方は今すぐチェックをお願いします。

 

非常識な成功法則【新装版】

新品価格
¥1,404から
(2017/2/2 14:36時点)

長々と書いてしまい失礼しました。しかし、ここまで読んでくださった方は少しだけでもぼくにも興味を持ってくれたんじゃないでしょうか?

 

神田さんの紹介は以上となります。

 

追記として、ここからは神田さんから学んで来た中でぼくなりに感じたことをお伝えします。

 

夢を発信する上で必ず直面することがあります。

それは、

 

本当に伝えたい事を言葉にすると、なぜ伝わらないのか?

 

「こんな悩みを解消するためにはどうすればいいのか?」をワークショップ形式で体験してもらう講座をしています。

 

経営者の方からこんな感想をもらいました。

 

「自分のところでもやってしまっていた、思い返せばそんな言葉しか使っていなかった。今回のワークショップで気づけてよかった」

 

「自分の想いを部下もしくは仲間に伝える時にどうでしょう?」

 

少しでも気になった方は今すぐお問い合わせください。何かにピンと来られた方は、どうかお早めのご英断をお願いいたします。

 

お気軽にお声かけください。

お申し込みはこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
地方の徳島から新しい働き方を作るために講演やチームサポート、個別サポートを行なっています。夢はスポーツ栄養士として四国を制覇!新しいことへの挑戦意欲が半端なく 「人を笑わせたり、夢を語り合うのが大好き」と言った、バクみたいな人間です。一度交通事故で首の骨折ってますが、なんとか楽しく生きています。頸椎骨折後にフルマラソン3回完走、ハーフマラソン2回完走。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク

Copyright© 徳島の栄養士がスポーツレベルを上げるブログ@QOL+ , 2017 All Rights Reserved.