記事更新の情報はライン@から

スポーツ栄養士によるスポーツ食育

スポーツ栄養士のよる特典付きの無料メルマガ

中学野球部員の質問「プロテインは摂取してもいいですか?」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
地方の徳島から栄養士の新しい働き方を作るために講演やチームサポート、個別サポートを行なっています。サポートチームは全国大会でベスト8。メディアへの露出(新聞掲載10回以上)、講演(述べ1,000人以上の”スポーツを頑張るけど食事量が足りなく、結果が結びついていなかった選手”に食の大切さを伝え、練習効率を高めた)が得意です。【夢はスポーツ栄養士として四国を制覇!】
詳しいプロフィールはこちら

中学生硬式野球部員の疑問「プロテイン」は摂取してもいい?

007

 

お世話になります。
中1で硬式野球をしています。
プロテインは摂取しても大丈夫ですか?
よろしくお願いします。

 

食べトレとしての回答

nambu

 

質問ありがとうございます。

  • 身長を伸ばしたいのか?
  • 体重を増やしたいのか?
  • 筋肉をつけたいのか?

こう言ったこと背景も付け加えてくれるとより精度の高い回答ができます。それにより少し回答の仕方が変わってきますが、予測しながらお答えします。

中学生から硬式野球をしていると言うことは、レベルの高い環境で練習し、将来も野球の強い高校を目指しているんだと予想します。

 

結論を言うと、プロテインと言う食品単体に良し悪しはない

結論から言うと、

「プロテインは摂取しても大丈夫です。」

しかし、中学校一年生と言うことなんで、ぼくなりの解説をしていきますね。

さて、プロテインを飲むこと自体は用法、用量を守れば大きな問題はないと思います。もし問題が起きた時は、メーカーのカスタマーセンターにお問い合わせください。

「問題がない」とは言いましたが、ぼくとしては中学生にはオススメしていません。

 

なぜなら

「食事は適当だけどプロテインを飲んでいたら体ができる!」

と言う錯覚が起きるからです。

 

【 プロテイン > 食事 】

の公式ができてしまうと本当の意味で強い体にはなれません。実際にプロテインを飲んでいるけど食事量が少ない高校生球児もいます。

 

その子の体は周りと比べても少し細いです。その分、プロテインを飲んで大きくなろうとしている努力は素晴らしいです。

しかし、プロテインに頼っているような意識が言葉の1つ1つに出てしまっています。

 

成長期の子どもは消化器官(主に胃腸)が十分に育っていない状態です。

そこで消化に優しいプロテインばかり飲んでいたのでは満足に消化吸収できる体にはなってくれません。

ここでポイントなのは

「食べ物は消化吸収されないと意味はない」

 

これを覚えていてください。

食べ物を消化吸収し、身長を伸ばす筋肉をつけるには胃腸を鍛えることが必須です。

プロテインでしか、栄養素を吸収できないのでは本当の強い体とは思えません。

これからの人生でプロテインと食事、どちらの方が食べる量が多いでしょう?

未来も見据えるならプロテインの摂取は後回しになると思います。まずは、食事にしっかり意識を向けてくださいね。

プロテインのパッケージにも小さく

「バランスの良い食事を心がけて」

のようなことを書いていると思います。

 

小さく書いているのがにくいところ 笑

そこはメーカーさんも商売ですからね。

 

プロテインとの付き合い方を考える

ここまで、プロテインを否定的にお伝えしました。

しかし、「不足する栄養素を補う」と言う使い方なら有りの場合もあります。

 

プロテイン全否定ではありませんが、ぼくの見解としては、

 

「食事をしっかり食べている状態ならプロテインもOK」

 

と言った具合です。

 

プロテインを飲んでいる=食べる力がつく

と言うことはありませんのでご注意ください。

 

まとめ

このような質問を中学生からもらえることを嬉しく思います。

今のうちからしっかり食べる意識をつけていくと高校生になった時に周りと体つきが違うことに気づくはずです。

ぼくのサポートしている中学生チームはバスケですが食事に意識を向けた結果、高校生にも負けない
体つきになっています。彼らが高校生になった時点で食べれる量も他を圧倒してくれるでしょう。

 

まずは、食事!

それで、どうしても足りなければプロテイン。

 

これくらいに考えてください。

プロテインに関することは以前、記事にも書いています。

よければ読んでください。

 

今までの食べカツしつもん箱はこちらです。

この記事を書いている人 - WRITER -
地方の徳島から栄養士の新しい働き方を作るために講演やチームサポート、個別サポートを行なっています。サポートチームは全国大会でベスト8。メディアへの露出(新聞掲載10回以上)、講演(述べ1,000人以上の”スポーツを頑張るけど食事量が足りなく、結果が結びついていなかった選手”に食の大切さを伝え、練習効率を高めた)が得意です。【夢はスポーツ栄養士として四国を制覇!】
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Copyright© スポーツ栄養士南部真也公式サイト , 2018 All Rights Reserved.