スポーツする子どもにとって、親の最大サポートは食事である

記事が気に入ったらシェアをお願いします。

スポーツする子供

子どもがスポーツを頑張っている。

何か応援、サポートをしてあげたいけど、何をしてあげればいいかわからない。

もどかしいですね、何かしてあげたいけど何をしていいかわからず手をこまねいている保護者のみなさん。

「一生懸命、練習をしてきてクタクタになった子供に自分は何をしてあげられるだろうか?」

スポーツを頑張っているお子さんを持つ親御さんには共通の悩みではないでしょうか?

スポンサーリンク

スポーツをする子どもを応援するには食事を整えてあげることが一番

今回は食アスリートの考え方をお伝えします。

特に成長期の子どもにとって、食事はかなり重要なものになります。

成長期のうちにご飯をしっかり食べられる身体を作っておかないとのちのち、スタミナ、筋力、果てはパフォーマンスの伸び悩みが起きやすいです。

そもそも競技力の原点は身体にあります。

その身体を作っているのは何でしょうか?

愛?

心??

もちろん2つとも大切ですが、答えは

食べ物です。

身体は自分が食べたものだけでできています。

心を作るのも食べたものです。

要するに、食べたものがあなたの全てを物語っています。

心と身体がスポーツの競技力に影響することはみなさんよく知っていると思います。

それらを作り出すのは食事。

すなわち、子どものスポーツ競技力を上げるサポートをするために、まず食事を考えてあげてください。

食事を整えるというと・・・

一汁三菜、、色どり、カロリー、栄養バランス、食品ピラミッド、いろいろ考えられと思います。

忙しい中でも、可能であればやってあげてください。

でも、一から栄養学を勉強して、毎日のメニューの献立を考えてとなるとみなさんにかかる負担は大きくなってしまいます。

そして、理屈のドツボにはまることにはご注意くだい。

どれだけいいものを作れたとしても1日だけ、三日坊主になってしまってはもったいないです。

いかにして実践し続けるかがポイントです。

今回、食アスリート協会の食事の考え方を紹介します。

食事を栄養素だけで考えずに、食べ物を受け止める身体に視点を向ける

食事を整えるための考え方です。

身体に良いものをつくるのも大切ですが、それを受け止める身体をつくることも考えてください。

要するに、消化吸収力を高めて十分に食べ物の力を取り込むことができる身体をつくるということです。

この消化吸収能力の高い身体が競技力にかなり関係してきます。

そうは言っても、その身体をつくるにはどんな食事にすればいいのか?

簡単にいうと、

・食べることに意識を向けて、しっかり噛む

・ご飯と具沢山の味噌汁を軸に置く

・消化吸収をイメージする

このようなことが挙げられます。

子供の身体作り、スポーツをサポートするにはこれらのポイントを押さえてあげればいいのです。

子供の身体だけではなく、大人にも言えます。

詳しくは食アスリート協会の講座や過去のブログに書いています。

米からはじまるあなたの氣持ち、ずっと健康でいようね

そんなに痩せたきゃ米を喰え、お米の魅力を知る3つの利点

食アスート協会で学べること

・従来の栄養学だけではない、実践的な食育。

・食事に対する意識

・食べ物を受け止める身体の作り方

・子供の食育、お腹からやせる方法

・食物を選択する力

これだけではありませんが、一部紹介しました。

このブログも基本的に食アスリートの考え方で書いています。

”ともにQOLの向上”

amazon

お腹からやせる食べかた

新品価格

¥1,404から

(2015/8/29 18:32時点)

The following two tabs change content below.
南部 真也
代表QOL+
食べ方とシセイを整える管理栄養士です。スポーツ栄養を元に講演やパーソナルサポートをしています。詳しくはこちら